バラエティドラマ

しろくまピース20歳/再放送/動画/見逃し配信/NHK/2020年1月11日/フル/無料視聴まとめ

しろくまピース20歳/NHK/動画/再放送見逃し配信2020年1月11日/フル/無料視聴まとめ

 

2020年1月11日19時30分からNHK総合で『しろくまピース20歳~家族と歩んだ“いのち”の軌跡~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックするとフル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

しろくまピース20歳動画/2020年1月11日/フル/無料視聴まとめ
 

しろくまピース20歳 /番組内容

 

先月20歳の誕生日を迎えた愛媛県・とべ動物園のピースは、人の手で初めて育てられたホッキョクグマ。20年前、母親は育児をせず、飼育員だった高市敦広さんが育てることに。しかも夜は自宅にピースを連れて帰り、妻と二人の子どもも育児を手伝った。ピースは愛情をたっぷり受けて育ち、今や高齢期に入る年齢に。今回、NHKが撮りためた秘蔵映像を公開、高市さん家族の育児秘話を交え、ピースの20年の歩みを振り返る。

 

しろくまピース20歳 出演者

 

高橋克典,高市敦広,

語り
石田ゆり子

 

しろくまピース20歳/NHK/2020年1月11日番組の見どころ

 

母親が育児放棄をしたために、人間の手によって育てられたしろくまのお話です。

もちろん実話で、しかも日本国内のことで世界的に見ても初めての快挙ということでした。

そのため、最初の頃はノウハウが確立されず、試行錯誤されたそうです。

しかも、夜は自宅に連れて帰って育てていたというのですから、24時間つきっきりです。

人間の子育てよりも厳しいと思います。

それを成し遂げた動物園の飼育員の方はかなり素晴らしいとしか言いようがありません。

そのしろくまも20歳になったということです。

人間とは違い、高齢になったということで、今までとは違った問題が発生してきているようです。しろくまの一生は人間とさほど変わらないのではないでしょうか。

人間のほうが長生きするというだけで、それ以外はきちんと衛生面や食事面が整備されていれば長生きするようです。こういった難題に対しても繊細に対応できるのはやはり日本人の特質ともいえるのだと思います。

研究者ですら分からなかった生態を解明しつつあるのも、裏でこういった方が尽力されたからなのでしょう。残り少ないしろくまの生涯なのかもしれませんが、最後まで頑張っていただきたいと思いました。世界に誇れるお話です。

 

愛媛県とべ動物園のしろくまのピースは、もうずっとテレビで特集されたりしていて有名です。
そのため毎年お誕生日には全国からたくさんのファンがピースに会いにやって来るし、テレビでもニュースになっています。

ピースは飼育員の高市さんに育てられましたが、しろくまは日本のような温かい所で子どもを育てるには危険で、ピース以前にも国内で赤ちゃんが死亡しています。

本当に大変だったと思いますが、高市さんは研究に研究を重ねて、命のプレッシャーを感じながら日々努力をして育て上げたのだと思います。

ピースが小さい頃の、高市さんの家で子どもたちと過ごすVTRはいつ見ても微笑ましいです。
シロクマと一緒に暮らすなんて日本人としては考えられないですが、VTRに残してくれていたので、私たちもピースのやんちゃな行動を見れてとても興味深いです。

今はもうただの大きなシロクマで、20歳になって多分お年寄りになっているんだと思いますが、ずっと動物園の人気者で、たくさんの人をとべ動物園に呼んでくれました。

とべ動物園にはピースのグッズもたくさん。

動物園を訪れると、みんなにとても愛されているんだなと実感します。

ピースがいつまで元気でいてくれるか分かりませんが、ずっとずっと動物園のアイドルでいて、幸せであってほしいと思っています。

またピースを特集してくれて嬉しいです。
今現在の姿もたくさん見れることを期待しています。

しろくまピース20歳/NHK/動画/2020年1月11日/視聴者の意見

 

今から20年前、真っ白なぬいぐるみのように可愛い白熊の赤ちゃんが、飼育員さんに甘えている映像を目にしたときの衝撃を今でも鮮明に覚えています。それは初めての白熊の人工哺育の試みでありました。その後も、白熊の成長過程がテレビで報じられ現在は立派な白熊に成長しました。

舞台はとべ動物園、生まれた白熊の名前は「ピース」といいます。母熊のバリーバは初めての出産であったとのことでありましたが、2頭の子熊を出産したものの育児を行わなかったとのことです。生まれた赤ちゃんのうち1頭は死亡、生き残ったもう1頭の赤ちゃんが「ピース」でした。そこから前例のない人工哺育が始まりました。

担当飼育員さんは高市氏、当時、日中は動物園、夜は自宅に連れて帰り奥様やまだ幼いお子さんも家族総出で「ピース」の人口哺育に協力している姿が微笑ましく印象的でした。「ピース」は、とべ動物園の高市さんをはじめとした沢山の方から愛情たっぷりに育てられ現在も、元気に過ごしています。

しかし知っている事といえば、だれでも知っている程度のことなのに、映像が流れるたびに涙腺が緩むのは私だけでしょうか。

例えば、高市氏が、真冬に寝室の窓を開けて我が子のように「ピース」を抱いて寝かしつけたり、またある時は「ピース」が癲癇を起こしてしまった際の映像が流れたことがあり、そのような姿を見るにつけ、「ピース」はそもそも母熊の愛情をもらえなかった、「ピース」自身が、強く愛情を求め、生きたいという気持ちを強く発し続けていると思わずにはいられません。

「ピース」には幸せに生きてほしいと思います。今回は20歳になって、現在も元気に過ごしている姿を見るのを楽しみにしています。
 

しろくまピース20歳/ ネタバレ

 
以前、NHKで取り上げられた時、初めて人の手で飼育されたあのシロクマのピースは飼育員さんのご家族と共に共同生活をしている映像は本当に愛らしく、見ていて思わずホッコリしました。ぬいぐるみが動いているかのようなモフモフとした毛並みとあの愛くるしいフェイスと鳴き声。

見ているとあぁ~私も一緒に生活したいと思わせる仲睦まじい生活をドキュメントして流していただけ、とても印象深くいまでも記憶に残っています。

その映像がまた見られるとあって、今から楽しみでなりません。

あの子熊だったピースが20歳。今は一体、動物園でどんな生活をし、ピースを観に訪れた大人や子供たちとの触れ合い方も楽しみです。

一体、どういう大人へと成長しているのかとても興味があります。また、飼育員さん家族の愛情を一身に受けて育ったピースは、現在、その飼育員さんやご家族とどういった間柄で接しているのかもとても気になります。

20歳になった今でも、育ての親である飼育員さんのことははっきりと覚えているのでしょうか。もし覚えているのであれば、それはとてもうれしいことなので、是非、放映してほしいと思います。

また、俳優の高橋克典さんが実際に動物園に訪れてピースと触れ合う映像も番組の宣伝であったので、そこでピースの意外な一面や新たな一面なども見れたら良いなと思います。

視聴者の意見

 
20年前に愛媛県のとべ動物園で生まれたホッキョクグマはピースと名付けられ、その愛くるしい表情でみんなから愛されていました。

ところが母親が育児をしないため、飼育員の高市さんが親代わりとなってピースを育てます。

ホッキョクグマが人に育てられるのは初めてのケースで、高市さんはピースを自宅に家族として受け入れます。そんなピースも20歳となり老齢期に入りましたが、高市さんと歩んだ道のりは順調なものばかりではなかったと思います。

高市さんとピースの笑いと苦労を、映像を通して楽しみたいです。

番組では、ピースが赤ちゃんの頃からの写真や映像を紹介しています。

人間と同様に無邪気で愛くるしい幼少期のピースの姿を見て、ほのぼのとした気分の時間を過ごしたいです。また、ピースが子供から大人に成長していく過程を楽しみにして、高市さんと20年にわたって作り上げた絆に関心を寄せています。

野生では凶暴な一面もあるホッキョクグマですが、動物と人間が心を通わせることができることを証明した番組でもあります。

ピースの仕草に癒やしをもらいながら、同じ生き物として一緒に生きていく、高市さんとピースの姿から自分自身も何か学ぶものがあるだろうと期待しています。
 
国内で初めてしろくまが人工保育で育てられたというニュースは何度も見ましたし、ドキュメンタリーも今まで何度か見たことがあります。

そのピースが20歳とは正直驚きました。

試行錯誤しながらも高市さん一家で愛情持って育てられていたピースの映像を何度も見たのでまた見れるのが楽しみです。

自宅保育から動物園デビューや成人してからの話、病気を患った話は知らなかったので、知らなかった話を20年分まとめて見られることを楽しみにしています。

必死の思いで動物園から自宅へ持ち帰り、人工保育を始めた高市さんの話はもちろん、しろくまを自宅保育すると聞いた奥さんの話や、ピースと共に成長していった高市さんのお子さん達の話も是非聞いてみたいです。

ペットではないけど、ペットのような感覚で家にしろくまの子供がいるのはどんな感じなのか、大きくなって動物園で暮らすと決まった時はどんな気持ちだったのかを普通の人は体験できないことなので是非インタビューされているのであれば聞いてみたいなと思いました。

人間でいえばおじいさんやおばあさんの年齢になったピースがどんな暮らしをしているのか、しろくま仲間とうまくやっているのかを知りたいなと思って放送を楽しみにしています。
この番組はピースの生まれてから今までの20年間の記録のドキュメンタリーということです。
子供時代の映像を見ると、まるで犬のように可愛らしいですね。

もちろん大人になった姿も可愛いですが、現在自分がシロクマのキャラクターに夢中になっているということもあり、本物のクマさんもより愛おしく感じます。

こんなに可愛いピースちゃんですが、母親が育児放棄をしてしまって飼育員だった高市敦広さんがピースを育てることを買って出たそうです。

クマを人間が育てるというのは難しいことだと思いますが、高市さんは放っておくことなんて出来なかったのでしょうね。

高市さんの家族も理解してくれて受け入れてくれて本当に優しいなと思いました。

2人子供さんがいるようですが、子供さんたちもしろくまと一緒に育てられるという不思議な体験をすることが出来たと思います。

もっと長生きなのかと思いましたが、20歳はもう高齢なんですね。

高市さんたちの子供たちも大人になったことでしょう。

母親には育児放棄されたけどこんなに幸せなクマはめったにいないことでしょう。

まとめ

 
個人的に愛媛生まれの愛媛育ちです。なのでしろくまピースの事はよく知っています。

生まれた頃、とても可愛らしくてテレビでよく見かけて注目されていました。

いろいろなグッズにもなって通帳なんかにもしろくまピースが載っていたりします。

ですが飼育員さんに育てられていたことや、全国的に大人気だったことなどは知りませんでした。もう二十歳を迎えるんですね。そりゃ私も年を取ったものです。

しろくまピースが生まれてから何度かとべ動物園に行きました。

友達と行ったり、彼氏と行き、結婚して旦那と行き、こどもが生まれて家族で行きました。

このようにしろくまピースの生まれた20年間は私にとってライフイベントの大きな変化があった頃で、その頃を思い出せそうです。

一緒に育ってきたように感じます。

今では私の娘が大きなしろくまピースを見て可愛いと言っています。

このようにしろくまピースは、愛媛にいてとべ動物園に欠かせないです。

飼育員さんに育てられたという苦悩なんかも見応えがありそうです。

全国的に人気のある動物は他にもいると思いますが、20年のこの歳月で培ったしろくまピースはこれからもこども達に新たに人気となり更にファンを増やしていくのかなと微笑ましいです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

しろくまピース20歳/NHK/動画/2020年1月11日/フル/無料視聴まとめ